読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ララフェルのたまりば

ロドストで書いた日記をただ保存してるだけの保管庫です

8時間と75分かけてエオルゼアにやって来た冒険者の冒険が始まる

ご無沙汰しております
先日「ララフェルがかわいい」という10文字の日記を4300文字使って書いた者です
今回はようやくゲーム本編を始めていこうと思います よろしくお願い致します

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160916131234j:plain

ララフェル大地に立つ
まず最初はオープニングムービーから始まるんですが、
今まさにこれから冒険が始まるんだというのを想起させるような素晴らしいものでした
フルコース料理の最初に出てくる前菜のような、あえて薄い味付けをすることで空腹を刺激させ今後に期待をもたせる…そんな感じでしょうか

 

 

 

f:id:cookyff14:20160916131247j:plain

このタイトルが出た瞬間なんかまさしく「今からエフエフするんだー!」って気になりますもんね
これは期待
期待age

 

 

 

f:id:cookyff14:20160916131259j:plain

しかし皆さん見てくださいよこの構図を
NPCに紛れてもなんとうちのララフェル・クッキーちゃんのめんこいことか!
鮮やかな金髪がFF14全体のシックな画風とは浮いていて、逆に主人公感を際立たせています!

 

そんなララフェルの冒険が、これから始まっていく…!

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160916131311j:plain

…前に

まずはオプションをいじっていきます
ここって多分ゲームをやっていて一番性格がでるところだと思うんですが
私はゲーム開始前にオプションをつい開いてしまうタイプの人間です

そして開いて驚く膨大な設定・調整できる項目の数…!


えっこんなことまでこっちで選べるの!?というものまでとにかく細かく網羅
徹底的に自分好みにカスタマイズできます
ネットゲームってこういうものなんでしょうか…?

 

その辺で歩き回って動作チェックしつつ「どこほっつきあるいてんだ」と怒られること数回
ようやくとりあえず満足のいく形になったので 本編を進めていきます

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160916131355j:plain

見てください皆さん
テーブルの上にちょこんと顔だけでてるララフェルのかわいさを
一見生首にも見えてしまうところを持ち前のプリティーさでカバーしております


これ今度のコミケで売りますわ
生首ララフェルまんじゅう
8ついりで一箱3000円
とらのあなにも委託して将来的にララフェル御殿建てます

 

ちなみにこのカウンター側にいるララフェルのモモディさんも
よく見たら台の上に乗ってカウンターから上半身を出している状態です
ララフェルってのはNPCまであざといのか…!

 

 

 

f:id:cookyff14:20160916131500j:plain

それを証明するかのように 街を散策するとあちらこちらに立っているNPCのララフェル
どれもみんなかわいい子が多いのです!
明らかに開発サイドもララフェルの性能を熟知した上で街に配置しています
ついつい足を止めてスクショを撮ってしまう…!


あーあこれ冒険全然進みませんわ開発サイドが街にララフェル置きまくってるから
ララフェル眺めてるだけで一日が過ぎちゃうんだもん 私悪くないよ
いっそ冒険者とか辞めてここで暮らそうよもう くだらねえよ冒険とか汗臭いし

 

 


まぁというのは冗談で
むしろこのゲームの冒険への手引きの充実っぷりにはちょっと感動してしまいました

 

クエストを受けて、お使いに向かって、クエストを報告する
RPGではあまりにも見慣れた光景ですが、このFF14ではそれが綺麗に連続で行えるように
クエストという点と点がきちんと線で繋がるようになってるんですよね


クエストを報告したら、その次のクエストが必ずその周辺のどこかにあるんです
そしてまたお使いに走ってクエストを報告して傍の次のクエストへ…と、まるで誰かに手を引かれて行くかのようにクエストを受けていき、それが途切れたときはいつのまにか街を一周しているんですよ


見事な仕事だと関心はするがどこもおかしくはないってやつですなー

 

 


そうして街を綺麗に回ったら、いよいよ危険と隣り合わせなフィールドへと繰り出します!
外を一歩でればそこはモンスターが徘徊する無法地帯!
どんな相手でも負けないぞ!

 

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160916131533j:plain

限度あるやん…


いやさっきはああ言いましたけど場を盛り上げるためにちょっとテンションアゲアゲで言っただけであって その
いきなり最初の街を一歩出たらレベル50の敵とか配置しなくてもよくないですかスクエアエニックスさん


もうスクエニさんもゲーム作って長いんでしょ? ノウハウとか活かしてくださいよそこは
アリアハンでスライムでレベル上げようとしてたらシルバーデビル出てくるようなもんじゃないっすか
ほんと頼みますよスクエニさん 次からはお願いしますよホント

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160916131627j:plain

スクエニさーん!!

 

 


なんだろう
でもこういう混沌こそネットゲームって気がします
私のイメージ通りだ

 

 

 

最初こそアクシデントはありましたがクエストをこなしていけばどんどんストーリーは進んでいくので
迷うことなくトントン拍子にゲームを進めていきます

私が思ってるよりレベルが上がる速度も全然速くて(なんかネットゲームってとにかくレベル上げしてるイメージありませんか?)
正直それがダレてくるポイントだと思っていたのでこれは嬉しい誤算

 

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160916131655j:plain

まぁ途中よく分からないものを見たりしながら
順調に冒険を続けています

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160916131719j:plain

大きなゴーレムにララフェル流刀殺法斬鉄剣をくらわしたり

 

 

 

f:id:cookyff14:20160916131730j:plain

相変わらずNPCララフェルは逐一チェックして撮影してみたり

 

 

 

f:id:cookyff14:20160916131756j:plain


レオフリックさんという方がいらっしゃったので即興で歌を披露してあげたりしました

 


レオフリックに死を!
王殺しの悪党 討ち破った日には飲み歌おう
我らは戦う 命の限り やがてハイデリンに 呼ばれるまで

 

 

 

気持ちよく歌えたので今回の冒険日誌はここまで!
次回はこのゲームの戦闘についてちょっとふれてみようと思います

サブタイトルは「剣術士のレベル10クエスト難しすぎワラワラ(ww)」です 
お楽しみに!

 

 

つづく

 

 

 

 

これ押すとランキングが上がっていき

ゆくゆくは14時間放送に呼ばれるってスンポーよ