ララフェルのたまりば

ロドストで書いた日記をただ保存してるだけの保管庫です

くっきーずほりでー 『新生と旅立のこと』 (前編)

毎週一度のお楽しみ くっきーずほりでーの時間がやってまいりました
今週はすでにやや旬を過ぎてしまった感のある『新生祭』と、
先週行われたLSのイベントについての模様をレポートしていこうと思います


このくっきーずほりでーは私の休暇という意味もありまして
金曜と土曜のどちらかに更新、更新しない日はまるまる日記更新をお休みさせていただいています

 

まあといってもですよ
ただでさえ私の日記は画像少なめの文字多め、ごはん少なめの肉多めみたいなカロリー高そうな比率の上に
読んでて目のむくみがとれない、文字を追ってると目がしばしばする、
異様に肩が凝るといったような症状を引き起こす現代病の固まりみたいな日記なので

 

これを機に皆さんも十分体の疲れを癒すなり、
ついていけない更新速度にじわじわ追いついてくださるなりしていただければなと
わたくしそう思ってる次第であります

 

 


ではさっそく、新生祭にむけての記事を書かせていただこうと思います

 

 

 

 


8月27日
FF14の新生祭が開始されたました
3周年というからには 3年前のこの日に新生エオルゼアの運営がスタートしたのでしょう


私はいわゆる旧?時代のことも全然知りませんし
言ってしまえばこの新生したFF14のこともまだ全然知りません
なので、「あーもう3年経ったんだなあ」みたいな感慨はもちろん一切ないのですが

 

偶然にも、と言うべきなのかどうか
この新生祭が私が体験するはじめてのシーズナルイベントになります
そういう意味では来年、皆さんが体験するものとは違った感慨を味わうのではなかろうかと思っています

 

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160918164425j:plain


まあ正確には違うんですけども

一応紅蓮祭は雰囲気だけ楽しんできたんですよ!
LSの方と一緒にFATEで水バシャーしてきゃっきゃっ遊んではきました!

ただ悲しいかな このクエストの受注レベルは30
当時の私では力が足りませんでした…
もらった手形は全部花火に消えました

 

正直悔しい…
だって報酬さー めっちゃいいじゃないですか!

 

キレッキレの動きをするエモートが3種類ももらえる上に なんかかっちょいい鎧つき!

 

一週間…
一週間はやくこのゲームを始めていたら間に合っていた…
そう思うと悔やみきれません

 


でも来年になったら古いシーズナルイベントの報酬は全部課金アイテムになるらしいので
そこまで取り返しのつかないことではないようです

 

 

悔しい…!(悔しい!)
悔しい…!(悔しい!)
悔しい…!(だが それでいい!)

 

 


一応恒例なんでやっておきましたけど 文字で伝わるかなこれ…

 

 

 


すごい脱線してしまいました 話を新生祭に戻します

 

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160918164618j:plain

かくして伊藤クッキーはぐにゃ~しながら次のシーズナルイベントへと向かったのですが
そこですぐに生気を取り戻します


合格
このイベントのララフェル 合格

 

さすが運営様 3年もゲームを作ってるとモノが違うわな
新生祭というこのゲームにとってももっとも記念すべきイベント
まずララフェルをクエスト受注に配置するという その手腕
「わかってるだろ?」という吉田さんの声が聞こえてくるようです

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160918164633j:plain

イベント内容はなんというか…まさかと形容詞をつけても差し支えないと思うほどのお使い
「第七霊災」についての演劇をしたいから、それを体験した人たちから生の声を聞いてきてくれというそれ私ついていく意味ある?的な内容

 

そもそも第七霊災について詳しくどころか全然知らないんですよね私
だいたいなんかみんなも忘れてるらしいじゃない 結局何が起きたのかってやつ
おそらくメインストーリーを堪能され終えてる皆さんは この核である『結局なんでバハムート無双から新生できたのか』ってやつをご存知なんだと思いますが

 

私はいまだしがない暁の契約社員(しかも最近入社したばかり あともう4月病にかかってて辞めたい
英雄のことも世界の真相も知る由もないのだよ

 

 

で、そんな私のために最後の核の部分以外を冒険者ギルドの顔役三人に聞いてきたんですが

 

①カルテノー戦役で帝国軍とエオルゼア連合軍が正面衝突する
②戦ってたら上の衛星が割れて中からバハムートがでてくる
③バハムートが無双してて帝国もエオルゼアも全員ダブルピース状態
④暁の血盟前当主がバハムート封印を試みたけどなんか失敗
⑤最後の手段で命と引き換えに?光の戦士になんか未来を託す
⑥めでたし

 

 

で、⑤と⑥の間には何かがあったけど全員覚えてないから劇もなんかうやむやで誤魔化す方向みたいです
でもそこ一番重要で盛り上がるとこなんじゃないかな劇でもさ…

 

プレイヤーの私としてはそこがもやもやする以上どうにもしっくりこないよね
推理小説で推理パートすっ飛ばして犯人逮捕後のエピローグ語られるみたいなもんでしょう


ちょっとこの新生祭というイベント 作りが新規むけじゃないよなー
クライマックスのない劇見ても仕方ないしもう帰ろうぜクッキーちゃん 帰って家でスマブラでもしようぜ

 

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160918164756j:plain

]いやバレちゃったかー!
うちのクッキーちゃんが10万人に一人の逸材橋本環奈ちゃんをも凌ぐポテンシャルを持ってること気づかれちゃったかー!
隠してても分かる人には分かるんだなぁ!


お任せください団長さん!
この素晴らしき出来栄えの劇に恥じぬ演技をうちのクッキーちゃんがお見せしましょう!
さっき脚本見て泣いちゃいました! 非常に真に迫ったドキュメンタリーだと思います!
特にこのあえて第七霊災の核の部分を変にアレンジせずにそのままの史実をお客さんにお見せするというところなんて脚本の妙といいますかとてもリアリティがあって劇そのものの奥深さを引き出すまさにこの第七霊災を題材にした劇に相応しい以下略

 

 

 

 

ま、というわかりやすい手法をやってみ終えたところで
劇の主役が怪我して出演できないというハプニングの中、クッキーちゃんに白羽の矢が立ちます
ぶっつけ本番で劇の主役に大抜擢!


これはスカウトフラグがビンビンに立ちまくってますね
後のレッドカーペッターとしてその名をつらねる これが第一歩となるわけです
ぬかるなよクッキーちゃん

 

 

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160918164851j:plain

いよいよ劇が始まります
あの私の撮影センスがなくてクッキーちゃんが目をつぶってしまってますがこれは私の落ち度ですので
未来の大女優には一切の責任がないことをここに進言させていただきます

 

 

劇はクッキーちゃん+人形劇というハイブリッド劇場!
すなわち生身で出るのはクッキーちゃんだけ!
これはどういうことかというと、唯一の役者であるクッキーちゃんの生の演技だけが劇全体を盛り上げられるかどうの鍵になるということです!

 


責任重大!しかし上等!
かましたれ クッキーちゃん!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160918164909j:plain

シュッシュッ

 

 

 

f:id:cookyff14:20160918164925j:plain

シュッシュッ

 

 

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160918164909j:plain

シュッシュッ

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160918164925j:plain

シュッシュッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな 聞いて


どうしよう 涙がとまらない

 

 

 

 

 

この頬を流れる熱い水はなんだ…
泣きたいわけでもないのに 目からとめどなく水分があふれてくる…
感動してるわけじゃない 悲しいわけでもない
なのにどうしようもなく 涙がとまらない…

 


ほらあのるろうに剣心エヴァみたいな奴が比古清十郎に「お前が全力を出しても倒せない男がこうして目の前に立ってやっているんだぜ」って言われた時に思わず涙流してたじゃん!
あの涙と同じ血潮がいま私の服をべちょべちょにしています

 


いざ 尋常にぃいぃいいぃい!

 

 

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160918165034j:plain

ウラフック
ウラフック


正直劇見てないよ…いや見れないよ…
クッキーちゃん 君の事を橋本環奈ちゃんだと言ったことは取り消そう
君は安達裕美だ 劇場荒らしだよ…

君の演技に全員が目を奪われ 劇そのものが台無しになってしまうほどの破壊力
君を舞台に上げたのは間違いだったのかもしれない
君の才覚は 冒険者でだけしか真に発揮することはできないんだ
役者というジョブは 君には狭すぎる…

 

 

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160918165108j:plain

オレの必殺技 クライマックスバージョン!
通称このエモくれよ拳!!!

 

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160918165125j:plain

全てが終わり 劇場は喝采に包まれる
しかしその時主役を演じた少女が 劇場に上がることは二度となかった
この幻の公演は人伝えに大きな反響を呼び、エオルゼア演劇の歴史に永遠に名を残すことになる…

 

⑥めでたし

 

 

 

 

 

 

 

f:id:cookyff14:20160918165151j:plain

最後に知らないおじさんと一緒に花火見てイベントが終わりました
えっ誰?

 

 

 

 

 

 


えーという
新生祭レポート いかがだったでしょうか
あのコレようやく読み終わったわと安堵してる皆さんまだ早いです このあと第二部があります

 

 

 


……という予定で書いていたんですが
このあとの第二部は真面目モードMAXで書いてるのであまりに上と落差が激しすぎるのと
また得意の4300文字を既に超えておりますので

 

 

 

 

 

えー 第二回くっきーずほりでー
前後編にわけたいと思います


明日、通常更新をお休みして後編をあげる予定です

 

 

 

 

 


みんな一番最初の文読んでた?
ほりでーとはいったいなんだったのか…

 


つづく…

 

 

 

 

これ押すとランキングが上がっていき

ゆくゆくは14時間放送に呼ばれるってスンポーよ